ボラザg軟膏の効果と使い方

繰り返す痔の痛みに耐えられない…
自宅でこっそりイボ痔とサヨナラした方法はこちら

ボラザg軟膏の効果と使い方【痔に効く市販薬】

ボラザg軟膏

 

ボラザg軟膏の効果は血行を促進して痔を改善し、腫れや痛みを緩和してくれます。

 

ボラザg軟膏は、痔疾患治療薬に分類され、患部に直接塗ることで、痔の症状を改善する効果が期待できます。

 

配合成分はトリベノシドリドカインになります。

 

トリベノシドには、血行を良くする、患部の腫れを治す、傷の治癒を促進する働きがあります。

 

また、リドカインは局所麻酔薬で、痛みを緩和する働きがあります。

 

特に注目すべきは血行促進効果で、血液の凝固を防ぎ、サラサラにすることで、血液が停滞するのを予防する作用があります。

 

なぜ血行促進が痔に効果があるのかというと、血液は栄養素を体内に運搬する働きがあるからです。

 

傷を治すためには栄養が必要で、ボラザg軟膏を塗って患部にしっかりと血液が行き渡るようにすることで痔の治りが早くなります。

 

ボラザg軟膏の副作用には、皮膚症状として発疹と痒み、消化器症状の下痢、さらには局所の刺激感などがあげられます。

 

副作用の発生率は、0.4%から1.3%程度と比較的副作用は出にくい薬といわれています。

 

悪化することは少なく、大半のケースが様子を見ている内に治まったり、ボラザg軟膏の使用を止めれば自然と軽減するため、さほど心配する必要はありません。

 

痔主の女性

 

以上をまとめると

 

ボラザg軟膏は痔疾患治療薬で、配合成分のトリベノシドの働きで血行を促進し、患部の腫れを改善したり、傷の治癒を促す効果があります。

 

さらにリドカインは局所麻酔薬で、痛みを抑えてくれるとともに血行を良くすることで、患部に栄養が届くようになり、痔の改善が期待できます。

 

副作用としては、皮膚に発疹と痒み、下痢、局所の刺激感が出る場合がありますが、副作用の発生率は低く、薬の使用を止めると自然と軽減していきます。

 

→強力ポステリザンの効果・副作用・使い方