脱肛の原因・症状について



 


脱肛ってなに?症状や原因について教えて!

脱肛の原因

 

脱肛とは、

 

肛門や直腸の下の部分の粘膜が肛門の外側に飛び出してしまう病気で、肛門粘膜脱ともいいます。

 

 

いちばん多い原因としては、イボ痔(内痔核)が悪化して、肛門の外に脱出した状態を指すケースが多いみたいです。

 

他には、次のような原因が考えられます。

 

  • 加齢により肛門括約筋の働きが低下
  • 肛門、直腸粘膜を支える組織の弱体化
  • 肛門の手術をした後の後遺症

 

→痔の手術後の痛みは?へ

 

 

症状としては、イボが肛門の外に粘膜が脱出するので、粘膜部分に刺激を受けて分泌液が増えます。

 

そして、この分泌液のせいで、

 

  • 下着が汚れる
  • 肛門周辺に湿疹ができる
  • 肛門が痛くなったり、痒くなったりする
  • ベトベト、ジメジメする

 

…などの不快感を覚えることも多いです。

 

 

あと粘膜部分は非常にデリケートなため、肛門外に飛び出すとダメージを受けて出血、痛みが出ることがあります。

 

場合によっては、壊死したり、感染したり、腐食が進んだり、悪化すると熱がでることもあるようです。

 

 

きちんと治療する場合は、次のような方法を取ることが多いですね。

 

ゴム輪で痔核の根元を縛って血流を止めて痔核を壊死させる「ゴム輪けっさつ療法」や、手術により痔核を切除することもあります。

 

肛門の締まりが悪いせいで、イボが飛び出してしまっている場合には、手術をして肛門出口にナイロンというリングを挿入して締まりを良くします。

 

 

脱肛はイボ痔が悪化して生じることが多く、酷くなると手術が必要になります。

 

できるだけ症状が軽いうちに対策するようにしてくださいね。

 

私もイボ痔がなかなか治らなかったので、最悪手術かな?と思っていたのですが、運よくこちらの方法に出会えたので、手術に踏み切らずに済みました。

 

→私が手術をしないで済んだ方法