エキザルベ軟膏の効能と副作用

繰り返す痔の痛みに耐えられない…
自宅でこっそりイボ痔とサヨナラした方法はこちら

【肛門のかぶれ対策】エキザルベ軟膏の効能や副作用

エキザルベ軟膏

 

エキザルベ軟膏の効能は、皮膚の炎症を抑制し、ばい菌に感染しにくい状態にしてくれるので、使用することで傷の治りを早められます。

 

副作用は、発疹、湿潤、灼熱感が報告されています。

 

エキザルベ軟膏は皮膚疾患治療薬で、ステロイドであるヒドロコルチゾンと混合死菌浮遊液といわれる死菌を混合している外用剤です。

 

皮膚の傷の炎症を抑制し、ばい菌の感染を予防することで傷の治癒を高めることができるんですね。

 

ちなみにステロイドには、炎症の抑制、皮膚の腫れ、痛み、痒みを緩和する作用があります。

 

混合死菌浮遊液は、言葉のとおり、いろいろな菌の死骸が混ざった液になります。

 

菌の死骸なんて大丈夫なのか?と思うかもしれませんが、死骸だから人体に害はないだけでなく、皮膚の防御力をアップする効果が実証されています。

 

ステロイド剤は強さにより5段階に分類することができますが、エキザルベ軟膏に配合されているヒドロコルチゾンは、最も弱いレベルに分類されます。

 

また、外用剤は内服薬と異なり、全身には作用せず、患部のみに作用するので、効果を出したい場所にきちんと効き、余計な副作用が出ないといった利点があります。

 

エキザルベ軟膏は、ステロイドの中でも弱めなので、副作用も少なく、顔面、陰部、子供にも使用することが可能です。

 

ただし、人によっては発疹、湿潤、灼熱感といった症状が出る場合もあります。

 

以上、見てきたようにエキザルベ軟膏は、ステロイドのヒドロコルチゾン、混合死菌浮遊液と呼ばれる死菌を混合していて、その効能は皮膚の炎症を抑え、ばい菌が感染しにくい状態にするので、患部に塗ることで傷の治りを早くしてくれます。

 

ヒドロコルチゾンはステロイドの中では弱めなので、副作用は出にくいといえますが、人によっては発疹、湿潤、灼熱感の症状が出ることがあります。

 

→強力ポステリザンの効果と副作用について