下痢のあと肛門が痛い

下痢のあとに肛門がヒリヒリ痛い!でも何で痛くなるの?

下痢に苦しむ女性

 

下痢はほんと辛いですよね。

 

お腹が急に痛くなって、慌ててトイレに駆け込んで、ホッとするのも束の間。

 

下痢の後に肛門がヒリヒリ痛くなった(泣)という人はきっと多いはず。

 

なぜ、普通の便をする時よりも、下痢の時の方が肛門が痛くなるのでしょうか。

 

それは、「下痢の成分の多くが腸液で、肛門の粘膜を刺激するためです」

 

 

健康な便には、粘膜を刺激する物質は含まれていません。

 

一方で、下痢に含まれている腸液には、肌を刺激するアルカリ性の物質が含まれているんですね。

 

基本的に、肌のpHは弱酸性であり、肌のpHからかけ離れるほど、肌に強い刺激が加わります。

 

もちろん、アルカリ性となれば、弱酸性である肌を刺激するので、アルカリ性の下痢は肛門の粘膜を刺激して、肛門が痛くなります。

 

そんなわけで、下痢をした後は肛門が痛くなるんですね。

 

 

食べ物の消化が上手くいかないと、それが原因で下痢になります。

 

通常の便のように消化が上手くいっていれば、アルカリ性の腸液が体外に排出されることもありません。

 

なので、肛門が痛くなることもないんですね。

 

また、通常の便をする時に、肛門が全く痛くならないのは、力んだときに肛門の筋肉を広げる指令が脳から出されるからです。

 

→肛門括約筋を鍛える方法はコチラ