ヘモレックス軟膏の効果と副作用

繰り返す痔の痛みに耐えられない…
自宅でこっそりイボ痔とサヨナラした方法はこちら

ヘモレックス軟膏の効果・副作用・使い方について

いぼ痔、切れ痔で悩む女性

 

ヘモレックス軟膏は、1987年から「痔疾患治療薬」として発売されている痔核や裂肛の治療薬です。

 

炎症を抑え、粘膜を保護して傷を治したり、肛門部分の出血や痛み、腫れを抑えてくれます。

 

ヘモレックス軟膏の副作用として、発疹が出てきたり、患部の刺激やかゆみがより強くなることがあります。

 

このことを過敏症状といいます。
このような症状が見られたら、医師に相談してくださいね。

 

他にも、長期に渡って大量使用すると、不安、不快感、頭痛、痙攣などの副作用が出たり、副腎皮質系の機能が抑制されるといった症状が出ることもあります。

 

そのため、用量・用法や使用期間は、医師の指示に従って使用してくださいね。

 

ヘモレックス坐剤

 

使用上の注意として、坐剤の場合は、入浴後や就寝前に排便してから患部に深く挿入してください。

 

また、坐剤は冷所に保管してくださいね。
暖かい場所に置いておくと薬が柔らかくなってしまいます。

 

柔らかくなってしまったときは、冷蔵庫に入れて固くしてから使用するようにしてください。

 

市販薬と比べ、1グラムあたり2倍のステロイド剤が含まれている強い薬なので、長期使用には向いていません。

 

あと、抗生物質も含まれており、アレルギーを引き起こす可能性があるため、十分注意して使ってくださいね。

 

痔の症状が治まったら、使用はやめてください。

 

強い薬なので、お尻が被れたり、かゆくなったりと、痔と違う症状が出る可能性があります。

 

必ず医師の問診を受け、持病や過去にかかった病気、アレルギーなどの体質、現在使用している薬などを伝えてください。

 

→ボラザG軟膏の効果と副作用について