術後の痛みについて

繰り返す痔の痛みに耐えられない…
自宅でこっそりイボ痔とサヨナラした方法はこちら

術後に痛みがあるって本当?

痔の手術後の痛み

 

痔がなかなか治らなくて、手術をしようか迷っている、なんていう人もいると思います。

 

でも、手術と聞くと痛いイメージがありますよね。
実際に手術後の痛みはどうなんでしょう。

 

痔の手術後の痛みに関しては、「手術当日の夜はかなり痛み、なかなか眠れないことが多いです」

 

あとは、排便や椅子に座る際に痛みを感じやすいです。

 

 

手術中は麻酔をしているため、痛みは全く感じないようです。

 

ですが、手術した後、特に手術当日の夜はかなり強い痛みを感じますし、しばらくの間は、便を出すときに痛みがあります。

 

手術当日の夜は、麻酔が切れて傷が疼くので、その痛みでなかなか眠ることが難しいです。

 

翌日以降は痛みが徐々に治まってきて、普段通りの生活を送れるようになります。

 

 

痛みに最も効果があるのが入浴になります。

 

いつでもお風呂に入れる状態がベストなのですが、つらくなったら入れるようにしておきましょう。

 

なので、入院するより日帰り手術を選ぶ人も少なくありません。

 

入院すると周囲を気にして、自分が好きな時に入浴することは不可能ですが、自宅ならすぐに入ることが可能です。

 

手術後の痛みを減らす方法としては、安静に横になっていると多少はラクになります。

 

また、手術後は鎮痛剤を使用し、下剤を使って便を柔らかくすることで、排便時の痛みを和らげることができます。

 

→硬い便を柔らかくする方法はこちら

 

排便後に温浴をすると筋肉が緩むので痛みが緩和します。

 

あとは軟膏を使用するのも有効な手段です。

 

術後に軟膏を塗る

 

便をする数分前に軟膏を塗って、鎮痛効果が出てきたら排便をして、排便後に温浴して、もう一度軟膏を塗るのが効果的です。

 

軟膏は痛み止めの成分が多いモノと少ないモノがあるので手術後は多いモノを使用するようにしましょう。

 

 

最後にまとめると、

 

痔の手術をするとその当日はかなり痛みがあります。

 

翌日からは日常生活を送れますが、排便や椅子に座った際に痛みがあるので、痛みがキツイ時には入浴をして筋肉を緩めてあげることをお勧めします。

 

私もイボ痔の手術を真剣に考えたこともあったのですが、やっぱり切ったりすることに恐怖があったのと、

 

痛みがツライということも聞いていましたので、踏み切ることはできませんでした。

 

私の場合は、運よくこちらの方法を知る機会がありましたので、切らずに快適な毎日を送れるようになりましたよ。

 

→イボ痔を切らずに済んだ方法はコチラ