肛門括約筋を鍛える方法

【肛門括約筋を鍛える方法】スムーズな排便のために!

排便がスムーズな女性

 

肛門括約筋の働きが良くない人は便秘になりやすいのですが、「肛門括約筋は簡単なトレーニングで鍛えることが可能」です。

 

 

肛門括約筋は直腸性便秘、加齢による筋力の低下で弱まってしまいます。

 

ですが、肛門括約筋が弱くなってしまっている人でも、外肛門括約筋は自分の意思で動かすことができるため、トレーニングを行なうことで改善することできるんですね。

 

 

また、日頃から肛門括約筋のトレーニングを行なうことで、機能の低下を予防することもできるので、特に便秘になりやすい女性はトレーニングすることをお勧めします。

 

 

腹筋の筋トレを続けることで、お腹が割れて筋力がアップするのと同様に、肛門括約筋を鍛えることにより、筋力がアップし排便がスムーズになります。

 

また、排出の為の伝達機能(排便反射)が低下するのを予防する効果もあるので是非試してみて下さい。

 

 

具体的なトレーニング方法は、

 

肛門にキュッと2秒程力を入れた後で緩める

 

この方法を連続で5分程してみて下さい。

 

 

ネットで情報を探せばいろいろな肛門括約筋のトレーニング方法が紹介されています。

 

多忙な人でも場所と時間を選ばず手軽に行なえるのが肛門に力を入れてから抜くといったトレーニング方法ですね。

 

 

肛門括約筋の機能が低下すると便秘になりやすくなり、そこから痔、肌荒れ、体臭、口臭などの症状を引き起こしやすくなります。

 

どれも女性にとっては悩みの種ですよね。

 

→気になる肛門のしこりについて

 

加齢による筋力低下、特に女性は筋力が弱いので、便秘症の人が多いのが現状です。

 

 

肛門括約筋のトレーニングは簡単に行うことができます。

 

時間も5分ほどなので、毎日意識して肛門に力を入れることで、肛門括約筋を鍛えられるので、ぜひ実践してみてくださいね。