尖圭コンジローマについて

女性にも多い尖圭コンジローマの特徴とは?

性病がパートナーに感染

 

尖圭(せんけい)コンジローマとは、主に性行為によって感染する性病の一つです。

 

原因は良性型のヒトパピローマウイルス(HPV)の感染です。
皮膚や粘膜の傷口から感染します。

 

症状としては、男性・女性ともにニワトリのトサカ状、または乳頭状のイボが性器や肛門周辺にでき、軽い痒みを伴う場合があります。

 

→肛門のかゆみの原因について

 

 

多くの場合は、自覚症状はなく発見が遅れることもあります。
放置すると、イボは大きくなり数も増えていきます。

 

自覚症状を感じたら、泌尿器科や皮膚科、婦人科を受診してください。

 

 

治療方法としては、イボを取り除くか軟膏塗布で症状を抑える方法が一般的です。

 

→軟膏の上手な塗り方とは?へ

 

1年程度で自然治癒する事もあるようですが、症状が出たらすぐに病院へ行くことをおすすめします。

 

また、ウイルスを完全に取り除く事は難しく、再発の可能性が高い病気です。

 

治癒後、最低3ヶ月は様子を見守り、治癒後も検査をして完治したことを調べましょう。

 

 

予防するのに一番安全なのはセックスをしない事ですが、現実的には難しいかもしれません。

 

そこで、セックスの相手を限定する事が重要になります。

 

不特定多数のセックスでは、感染の確率を高め、感染を拡大する可能性があります。

 

また、感染源を特定することも難しく、再発の可能性も高まります。

 

 

予防方法として、コンドームは一般的ですが、感染を防ぐ方法としては確実ではありません。

 

症状が出ている場合は、可能なかぎり性行為は避けることです。

 

 

自分に症状が出た場合、多くはパートナーにも感染しています。

 

そのため、パートナーに症状が出ていなくても、病院で検査を受けることが大切です。

 

感染していない者同士の性行為では感染する事はありません。

 

そのため、検査を受けてウイルスがいない事をお互いに確認し合うことが重要です。