ネリザ軟膏



 


ネリザ軟膏の効能・副作用・使い方について

注入軟膏

 

ネリザ軟膏は、痔疾用剤に分類されるネリプロクト軟膏のジェネリック医薬品です。

 

痔疾用剤とは、痔の治療に使われる薬のことです。

 

ネリザ軟膏は、炎症や腫れを抑え、痛みやかゆみを軽減してくれます。

 

主要な成分は、リドカイン、ジフルコルトロン吉草酸エステルの2種類です。

 

リドカイン(クリームタイプの表面麻酔)
患部に塗る事で痛みやかゆみを軽減する効果が期待できます。

ジフルコルトロン吉草酸エステル(かなり強いステロイド剤)
患部に塗る事で炎症や腫れを抑える効果が期待できます。

 

使い方は、通常成人には1日2回適量を肛門内に注入または塗布します。

 

また、使用前に患部を清潔にし、前もって排便も済ませておいてください。

 

強力なステロイドが含まれているので、副作用には十分注意し、長期使用には医師の判断を仰いでくださいね。

 

効果があまり見られない場合は手術を検討する場合もあります。

 

使用上の注意として、他にリドカイン製剤を使用されている方は、血中のリドカイン濃度が上昇する恐れがあるため、事前に医師に申告をしておいてください。

 

また、ステロイドによる作用で、免疫が低下するため、患部がウイルス、カビ、結核等に感染している場合は悪化する恐れがあります。

 

ホルモンバランスが崩れる事により、下垂体・副腎皮質系機能の抑制が起こる場合があります。

 

その他の副作用として、そう痒感、皮膚刺激感、下痢、発疹などの過敏症が現れることもあるようです。

 

副作用は高齢者の方が出やすい傾向になりますので、状態を十分に観察しながら使用してください。

 

また、妊婦、乳児、小児への安全性は確率されていないみたいなので、十分注意してくださいね。

 

痔の治療には、まず生活習慣の見直しが大切です。

 

食生活の改善

 

飲酒や香辛料を控え、バランスのよい食事を心がける事で便通を改善し、喫煙を減らすなど、体の内側から健康になることを心がけてくださいね。

 

とは言っても、生活習慣をいきなり変えるのは難しいですし、かといって病院は恥ずかしいという人もいるでしょうから、

 

→このページで自宅で痔をなおす方法

 

について詳しくお伝えしていますので、よろしければ、ご覧になってみてください。