強力ポステリザンの効果と副作用

強力ポステリザンの効果と副作用、使い方について

強力ポステリザン

 

痔にお悩みの方にはおなじみの強力ポステリザン。
知らない方もいるかもしれないので、簡単に説明すると、

 

病院で処方される軟膏のことで、『痔疾病治療薬』という種類の薬になります。

 

その名のとおり痔に効果があります。

 

切れ痔などができてしまった部位に塗ることによって、その部位の炎症を抑え、ばい菌が繁殖することを防いで、傷の治りを促進するという効果があります。

 

強力ポステリザンは、主に痔について処方されることが多いですが、肛門付近が炎症を起こしている場合でも使うことはあります。

 

「大腸菌死菌」「ヒドロコルチゾン」の2つが主成分です。

 

大腸菌死菌は傷の治りを促進し、傷にばい菌が入るのを防ぐ役割があります。

 

ヒドロコルチゾンはいわゆるステロイドで、炎症を抑える効果があります。

 

そのため、ばい菌が多い肛門付近だとしても、感染をなるべく起こさないようにして治療することができます。

 

ヒドロコルチゾンは、ステロイドのなかでも効果は弱い方になり、そのおかげで副作用はだいぶ少なくなります。

 

ステロイドの強さは5段階に分類されていて、強力ポステリザンに含まれるヒドロコルチゾンのステロイドの強さは下から2番目になります。

 

また、強力ポステリザンは、全身に投与するわけではないので、副作用も局所にとどめることができるのです。

 

かゆみや不快感が出ることはありますが、それもずっと続けて使ってしまった場合に多いので、適切な期間で適量を使用していれば問題ないと思います。

 

強力ポステリザンは、主に痔の治療に使用されることが多く、副作用が少なくて、炎症を抑えて傷の治りを早めてくれるため、使用される人は多いですね。

 

強力ポステリザンの坐薬

 

強力ポステリザンには、使い切りタイプの坐薬とチューブ入り軟膏の2種類があります。

 

強力ポステリザンの使い方ですが、

 

痔が肛門の内部にある場合は、座薬で直接注入して、
外部にある場合は、軟膏タイプで患部に直接塗布します。

 

どちらも通常1日1〜3回、患部に適量を塗布または注入してください。

 

座薬の場合、先端を肛門内に挿入してから軟膏を出すのですが、その前にちょっとだけ軟膏を出しておくと、座薬のすべりが良くなって、肛門への刺激を軽くできます。

 

強力ポステリザンのチューブ入り軟膏

 

チューブ入り軟膏は、そのまま塗布するか、ガーゼに出してから患部に軽く当てるように塗ってください。

 

使用の際には、事前に排便を済ませ、ウォシュレット、もしくは赤ちゃん用のお尻拭きで清潔にしておいてください。

 

また、強力ポステリザンにはステロイドが含まれているので、長い間続けて使用することは控えるようにしてください。

 

間違った使い方をしてしまうと、緑内障などの重い病気を発症してしまうこともあるため注意が必要です。

 

最後に、痔の治療は、まず生活習慣の見直しが何より大事です。

 

  • 飲酒喫煙を控える
  • バランスのよい食事を心がける
  • 香辛料を控える
  • 座る時間を少なくする

 

など、体の内側から健康になることを心がけてくださいね。

 

→プリザS軟膏の効果と副作用について