立ちっぱなしでも痔になる

繰り返す痔の痛みに耐えられない…
自宅でこっそりイボ痔とサヨナラした方法はこちら

ええっ!立ちっぱなしでも痔になるの?

立ちっぱなしの女性

 

立ちっぱなしで、あまり脚を動かさないでいると、下肢に静脈血がたまり、血液循環の悪い状態になります。

 

むくみや静脈瘤の原因になり、ダルさや痛み、しいては見た目の変化など、悪影響をもたらすものです。

 

お尻や肛門周辺も同様に、立ちっぱなしのせいでうっ血して、痔になることがあります。

 

→座りっぱなしは痔になる?へ

 

 

血液は心臓から送り出され、再び心臓へ戻ってきますが、送り出される血液を動脈血、戻ってくる血液を静脈血といいます。

 

動脈血は心臓のポンプ機能によって押し出されますが、静脈血は筋肉の収縮などの力によって戻されます。

 

特に下肢の静脈血は、重力の力が加わり心臓に戻りにくいもので、立ちっぱなしで下肢をあまり動かさないでいると、さらに戻りが悪くなり、うっ血しやすくなります。

 

うっ血すると次のような症状が見られるようになります。

 

  • 痔になる
  • 血液中の余分な水分により下肢が浮腫む
  • 老廃物によりダルく感じる

 

血行が悪くなり、老廃物の溜まった状態が続くと、いわゆるセルライトが形成され、もとに戻すのは難しくなります。

 

また、うっ血し静脈を圧迫し続けると、静脈の中にある逆流を防ぐための弁が壊れたり、静脈に多数の瘤ができます。

 

これは静脈炎や静脈瘤を引き起こし、酷いと痒みや痛み、見た目に変化があらわれ、とくに女性を悩ませるものです。

 

また、ごく稀ではありますが、血液中に血栓という血液の塊ができることがあります。

 

これは、体の中の細い血管を詰まらせるリスクがあります。

 

脳や肺の血管が詰まったりするケースをよく聞きますが、脳梗塞などは、高齢者に限った病気ではないので注意が必要です。

 

 

このように、血液の流れは心臓のポンプ機能だけでコントロールされているのではないんですね。

 

重力に逆らって、血液が循環できているのは、体を動かすことによる筋肉の収縮なども関わっており、

 

立ちっぱなしでいると、体に悪影響を与えるということです。